九州音楽コンクール結果その①



九州音楽コンクール、
無事終わりました!

参加した9名、全員入賞!!
頑張ったーーー!生徒も保護者も私も。

ひとりひとりドラマがありました。

小1Nちゃん。
課題曲で金賞!!
自由曲で銅賞!
どちらも本当に仕上がらなくて
一番泣かせてしまいました。
でも、舞台終わって泣くことになるより今泣かせたが良い!
えり先生にも助けて貰い、お母さんは毎日レッスンに同伴し、レッスン出来ない日は私のピアノ部屋を貸し、あらゆる手段で完成度を高めた結果の金賞。
嬉しかったー!
80人いる中で7人しか貰えない金賞。
ステージに上がれるのは金賞のみ。
お母さんと2人写真を撮りまくりました。
が、その日の夜。
自由曲のレッスンは、それはそれは酷い…
元々課題曲に賭けていて自由曲は放置気味でしたがそれにしても酷すぎる…
明日なのに!これじゃ確実な奨励賞だよ!せめて、恥ずかしくないレベルの演奏にしよう!って21時過ぎまでレッスン。
翌日朝も本番一時間前までレッスン。
その結果、なんとか銅賞に滑り込み。
名前呼ばれてびっくりのNちゃん(笑)
発表前に帰ろうとしていましたから(笑)
本当に頑張った!お母さんが特に!
お疲れ様でした。

小3Mちゃん。
課題曲で二年連続の金賞!!
えり先生にかーなりお世話になりました。
あまりのしつこさに泣いたMちゃん。
でも、今年もとりたいんでしょ?ならここまでしつこくしなきゃ!と色々言い続けて
当日も最後の最後まで言い続けて、演奏前
参加者席に、何度も注意点を言いに行く私とえり先生。
周りはなんだこのひと?って思っただろうなぁ(笑)
でもそれだけこだわってレッスンしたんです。(えり先生が)
普段のレッスンからレコーダー持ち込む真面目なMちゃん。だからこそ、絶対絶対金賞とらせたかったんです。
本番は若干走り気味になり、金は無理かも…と発表前落ち込んでいた私とえり先生。
銀賞で名前をとばされた時点で結果を書き込んでいた手もストップ。
金賞で呼ばれた時はもう嬉しくてほっとしてえり先生と手を取り合いました。泣きましたー!
お母さんも涙目。
応援団沢山だったので本当に良かったです。
来年も金、絶対とらせます!

小1Hちゃん。
課題曲で銀賞。
金賞を狙っていただけに悔しかったです。
音楽の流れは絶対一番だった。
ただ、軽やかさは金賞とった子のほうが
ありました。
お母さんが本当に熱心で、グランドピアノ借りて練習したり、レッスンも毎日同伴でした。
来年は金賞とれるように、見つかった課題をしっかり直していこう!

年中さん。
幼児課題曲で銅賞。
ピアノ始めて5ヶ月での大舞台。
本番二週間前に謎の高熱に襲われ、
一週間丸々お休み。
復帰したのは一週間前を切っていました。
まるで最初のレッスン状態…
言われてる事が出来ない悔しさから涙し、
毎日レッスンに通ううちだいぶ復活。
100%戻らなかったけど、当日は落ち着いて弾いてくれました。
お父様も喜んでくれ、おばあちゃんは発表の時から泣いていたそうです。
レッスンにいつも付き添うおばあちゃんから、涙ながら
『こんな素敵な体験をさせて頂いてありがとうございました』と言葉を頂き、
こちらが泣きそうでした。
ただ参加して、賞貰えて、嬉しい!それだけじゃない。そんな単純な想い以外がある。
このご家庭の中に明るいニュースが出来て本当に嬉しかったです。

年長さん。
幼児課題曲で銀賞!
別の先生の生徒さんで、コンクールは初めて。
2月からちょこちょこレッスンに入り、3月からは私のクラスに完全引継。 
えり先生に入って頂いて、二人で挟みこみレッスン。
本番も堂々と弾いてくれました。
明るい音を持っているので、これからが本当に楽しみです!

その②へ続く→



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する