御礼



平成音大・熊本音楽短期大学卒業生による
フレッシュコンサート、
無事に終わりました!

共演者の古荘さんと木村さん。
思い切って出演をお願いして良かった。
好きに弾いていいよ、思いっきりいきましょう、とメンタル面でもとっても支えて下さいました。
お陰で楽しくて仕方なかったです。
Aトレインでの手拍子も
弾き終えた時のブラボーもめっちゃ気持ち良かった!



今の自分のピアノ。
よく見せようとも、上手く弾かなきゃとも
なーんにも考えなかった。
ただただ、今の自分のピアノを、その場で感じた音を
表現出来たかなと思います。
こうしなきゃ!っていう思考から離れて
演奏出来たのって音大受験以来かもしれない(笑)
受験の時も楽しかったんです、実は。

生徒たちもほぼ聴きに来てくれました。
最前列にいた生徒も。なんだか和みました。
ブライダルの仲間、ジャズの仲間、
大学の友人達、息子を預かって頂いてる保母さん、長崎から家族も。
本当にたーくさん来ていただきました。
チケットは36枚売れました、いやはやもう
なんてありがたい。

丁度熊日受賞者コンサートと重なっていたこの日。
恩師ご夫妻から大きなお花が!
受賞者コンサートに出演のカンタービレの生徒さんからも、さやちゃんからも。
来れなくてすみません、頑張って下さいの言葉が
嬉しかったです。
こんな気遣いが出来る子供に育てたいなぁ。生徒も。






今花に囲まれてレッスンしています。


こんな機会はもうないだろなぁ。。
沢山の方に聴いて貰えて本当に嬉しかった。
特に両親。

四年も大学に行かせてもらい、
卒業後も頑として帰らず、
音楽の仕事一本で食べていけるまで
時間もかかり、
迷惑も心配もかけてきました。

私の演奏をこういう場でちゃんと聴くのは恐らく
10数年ぶりだったはず。
 
イメージと違ったと。
貫禄が出たね、
昔のやせっぽちで必死に弾いている姿と違ったね、と。
つまりは、太ったということです(笑)
まあ、それだけではないようですが。

本当に本当に聴いて貰えて良かった。

またこれから、ここから、
ジャズに近付いていけるよう精進します。
永遠に片思いかも…とか思うけど、
それでも進むしかないし、
悩んでたって仕方ないし、
やりたいこと、なりたい自分は諦めたくない。

黙って応援してくれる主人に感謝しながら
セッションにライブに参加しようと思います。

演奏会にご来場頂いた皆様、お花など送って下さった方々、本当にありがとうございました!!!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する