熊本地震~前震

4月14日

たまたま早く帰宅した主人
たまたま夜仕事が入ってなかった私
息子とお風呂に入りあがったその時
本当に突然その揺れはやってきました。

全く立つことが出来ずしゃがみこむ。
息子と主人は別の部屋。

揺れが収まると目に飛び込んだのはめちゃくちゃなピアノ部屋。
とにかく外へ出るよ!と3人ほぼ裸のまま外へ。

続く余震に恐怖を感じ息子の荷物のみまとめ
避難所へ。

避難所に着いてすぐ、家族から一人集まって下さいと言われる。
何事かと思ってたら動物園からライオンが逃げたと。子どもに話すとパニックになりかねないので
言わないように、とのこと。
後にデマと分かる。

夜中になると避難所は満員。
震度5,6程度の余震が続き
避難所の天井が落ちてこないか不安で
体育座りのまま一睡も出来ず朝を迎える。

避難所から出たときの悲しいくらいきれいな空。
一生忘れられないだろう。

もともと法事などで帰省予定だったため
自宅へ戻り15分ほどで荷物を詰め込む。
自宅は玄関の鍵が開かなくなり、庭側の窓は施錠出来ないまま…空き巣に入られない事を祈りつつ
午前7時すぎ長崎へ出発。

車でも分かる余震。
明るくなり分かる被害の大きさ。

フェリーが欠航のため下道で。
主人と交代しながら長崎を目指し
16時すぎに到着。

ほっとしたのとこれからの不安と入り乱れながら
早めに就寝。

この時、まさか続きがあるとは…




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する