景色の見え方

一年半住んだアパート。
今日(31日)が退去期限。

月曜に荷物を新居へ移し終え、掃除も終わり、今日は公共料金と退去手続きのため朝からアパートへ。

空っぽの部屋にひとりきり。電気を付ける音がやけに響き、なんだか寂しくなりました。

管理会社の方が来て、手続きを終え、
『これで全て終わりました、後は私たちが…』
と言われて部屋を出る。
ついさっきまでここは自分の家で人を迎えてたのに、もう見送られる立場。

一年半だけど愛着があった部屋でした。
想像以上にさみしかった…。

一旦出掛けて帰りみち、新居は同じ地区なので帰る道は全く同じ。なのに帰る家が違うだけで、いつもの景色が全く違うように見える。

不思議。


新居はまだまだ家という実感はなく、親戚の家に泊まりに来たって感覚です。
馴染むまで時間がかかりそうです


出張レッスン先の空。いつの間にか空も稲も秋の色。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する