スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の言葉たち

monotonyオープンワークショップへ。

20121129.jpg

演奏始まったら一筆書き。
昨日の沢山のいい言葉の中で一番残った言葉。

今回で3回目の参加でしたが、
どんどん楽しくなっていきます。
ホストの中瀬さんと木下さんからのアドバイスも
とても分かりやすい!

セッション後の飲みながらのアカペラ大会もあり。
中瀬さんの歌とピアニスト丹生谷さんの染み渡るデュオも聴けたり。
沢山笑って、でもまじめな話もして。そしてまた笑って。
ここにくると日頃忘れてる音を楽しむから音楽、ということ
思い出させてくれます。

ちょうどセッションの直前に、あるドラマーの方が
「死ぬときはドラムを叩きながら死にたい」という話をしてたと聞いて
ぶわっと蘇ってきたある記憶。

中学生の時、授業で書いた人生設計図。
100歳まで生きると計画してそこに書いた言葉。
「ピアノを弾きながら死ねたら幸せだなぁ」

そんなことを思い出した後のセッション。
お酒の勢いもあり、そんな記憶もあり
思いっきり楽しく弾けました。
この気持ち、感覚、久しぶりだった。


色んな言葉たちに感謝。
そんな言葉をくれた方々へ感謝。

素敵な音楽空間monotonyに大感謝。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。