2017♪熊日一次予選

熊日一次予選低学年。

カンタービレ生徒と自宅生徒合わせ
5名の挑戦。

朝8時からレッスンし、
カンタービレを出る最後の最後まで
注意し続け歌い叫び、
会場では1人ステージ袖へ向かう度
励ましに行き、メッセージを書いたメモを渡し、
これ以上は出来ない、というか、
やれることはほぼやり尽くした!ってほど
生徒に愛情(?)を注ぎました。

5人とも、本当によく弾いた!
断トツじゃ?って演奏をしてくれた子も。
1人も大きなミスもなく、
安定感のある演奏をしてくれました。

三割しか通過出来ない熊日。
結果は明日の朝、新聞で。

みんなちゃんと寝たかなぁ??
スポンサーサイト

ありあけジュニアピアノコンクール



大牟田へ。

小3Kちゃんの、初めてのコンクール。
4月によそから移ってきて、
熊日予選と他の予定が重なったため
急遽出ることにしたこのコンクール。
短期間で二曲仕上げるのは大変でした。

私もえり先生にもお母さんにもガンガン言われて、
分からない出来ないと何度も泣き、
悔しさに泣き、
お母さんも悩みに悩み、
色々大変でしたが、
無事予選通過。



3月にあったらしい前の教室の発表会を
聴ききに来ていたらしいおばあちゃん。
コンクールも聴きに来てくれていて、
「発表会と時と、何だか格段に違う…全然違う」
とお話しされていたとのこと。
頑張って良かったね。Kちゃん。

まだまだこれから、コンクールが続きます。
みんなの笑顔が見れるように、
あちこち「あいたた…」と言いながら
頑張ります。


8月演奏予定(久々…)

久しぶりに演奏予定を。
先月末からラウンジにベースIくんと
ドラムSOCさんと演奏に入っています。
7月のみと思っていたら今月もということで、ありがたい。。

馬車馬のごとく働きます。

高森高校のソロコン出場者の伴奏が
6人。産前まで稼働していた音楽教室の卒業生もいて合わせに行くのが楽しみです。
 
1(火)
熊本リハビリテーション病院
村上明(Bs)森内良子(Pf)
12時半~・13時半~

しゃるまんばるーる


4(金)
ラウンジ演奏

5(土)
ラウンジ演奏

7(月)
クラブ演奏

8(火)
しゃるまんばるーる

11(金)
ラウンジ演奏

15(火)
しゃるまんばるーる

17(木)
ラウンジ演奏

19(土)
ラウンジ演奏

21(月)
クラブ演奏

22(火)
しゃるまんばるーる

23(水)
吹奏楽ソロコンテスト伴奏

24(木)
吹奏楽ソロコンテスト伴奏
ラウンジ演奏

25(金)
ラウンジ演奏

26(土)
ブライダル演奏
ラウンジ演奏

28(月)
クラブ演奏

29(火)
しゃるまんばるーる

愚痴です。。

想いの相違。

ずぅっと昔、
してあげたのに、のように「のに」がつくと愚痴になる、って
聞いてから
なるべく~のに、という言葉は避けていたけど、
この夏は、~のにが出てしまう。

これだけ時間かけてるのに、
これだけ合わせてるのに、
これだけ言ってるのに、
これだけ一生懸命想ってるのに、

のにのにのに…

コンクールも受けたいと言う子は
全員受けさせてるけど、
全く~のに、が出ない家庭と
のにが出る家庭と
様々。
今後はもう少し見極めて
考えていこう。ほんとに。

言葉ひとつ、取り組む姿勢ひとつで
こちら側も受け取り方も違う。

優先順位をきちんとつけている
上級コースをほんとに見習ってほしい。

生徒達もだけど、私も色んなこと犠牲にして、時間を作ってる。
そんなに暇そうに見えるのか?
コンクール組15人かかえて、夜も仕事に出て、伴奏の練習もあって、その他諸々。
その時間を無駄に使われて、
黙っちゃいられない。

色々と割り切る、
優しさの安売りはしないどこう。




七回忌

もうそんなにたつのか。
とびっくりしました。

大好きな祖父の七回忌のため
福岡へ。

あの日と同じく暑い暑い1日。



電車好きになって、初めての乗車。
一時間固まったまま。

祖母に会うのも久しぶり。
ひいばぁば、と呼ぶよう特訓の成果あり
ちゃんとひいばぁば、と呼んでました。

親戚はやっぱり落ち着くなぁ、
夜仕事のためほんの数時間しかいられなかったけれど。



帰り際。
母と父。

電車が出るまで駅で見送ってくれました。
長崎から帰るときも、
いつも見送られると寂しくて
熊本に降り立つと
また1人でしっかり頑張らなんな、って思います。
本当に毎回思います。
私にとって熊本は良い意味で闘う場所なのかもしれません。

じいちゃんが良く声かけてくれていた
「大丈夫大丈夫」
という言葉。

先日生徒に
「先生はいつも大丈夫大丈夫~って言う~」
て言われて祖父を思い出しました。

人生色んなことがおこるけど、
大丈夫大丈夫。
どんな壁もあの手この手で壊して
もうすぐ始まるコンクールラッシュを
乗り越えて行きたいと思います。