早い

あっという間に10月。

先週は昼夜演奏の一週間&幼稚園説明会やら何やらあって、目まぐるしく…

今週も変わらず目まぐるしい。

コンクール第二弾も始まります。
さいたは今月、熊日二次・ありあけジュニア本選も後1ヶ月。
グレンツェン本選も来月。

みんなそれぞれ。。。。

時間が無さすぎて、焦ります。
どんなに細かくレッスンしても、
ちゃんと練習しない子には勝てない…。

今後のみんなの頑張りに期待です。

それはそうと、
先日昼夜仕事後、夜演奏メンバーと
飲みに行ったら、
そんなに飲んでないのに酷いことに。
やはり、疲れている時のお酒はダメだ。。
酒は飲んでも飲まれるなのポリシーが(゚o゚;

しばらく、大人しく過ごします、
忙しいし。


スポンサーサイト

息子進化中

息子のおしゃべりが進化中。

息子「ママ、扇風機が倒れたらどうするの?」
私「んー、ごめんなさいって言おうかな」
息子「ちがうよ、扇風機おこしてあげるんだよ」

ごもっとも。

私・財布の中を確認中
息子「ママ、お金が少ないの??」
息子「お金はどこにあるの??」
私・( ・_・;)

頼むから外では言わないでくれ。

私「おはよう、今日は晴れてるよ」
息子「お日さま誰が連れて来たの?」
私「ママが連れてきたよ!」
息子「じゃあ、お月様は誰が連れて行ったの?」
私「じいじが連れて行ったよ」

たまには可愛いことも言うのです。

8月末はどうにもこうにも忙しくて、手が回らないのが目に見えていたので、
両家の母にSOS。

3日ずつ来て貰いました、長崎から。

いやー助かった。。
本番前の練習も集中して出来たし。
そして、母が毎食作ってくれたので一週間コンビニ食全く食べずにいたら、
2キロ痩せました。
お金をかけて太っていたなんて…

それ以降、コンビニ食食べていません。

それにしても、
頼れる身内が側にいるって
本当に羨ましい。
心の底から助かる。


そして、息子来年からはいよいよ幼稚園。
今の生活スタイルでは難しいことが
色々出てくるかなぁ。。。

考えると頭が痛いけど、
とりあえず、今年は働きます。


さいたピアノコンクール予選



3人無事通過。
1人は一位通過で予選さいた賞を
頂きました。

ミスがありハラハラしましたが、
本当に良かった。
えり先生の曲の作りのおかげでした。

4月はメリーさんの羊を片手で弾いていたRちゃん。
初めてのコンクールで中々大変でしたが、
本番はぴしゃりとしっかり弾いてくれました。
直前まであんなに叫んだのは何だった?ってほどしっかり弾けてびっくりでした。

熊日一次を通過、二次の曲譜読み真っ最中のYくん。
さいたの曲は二週間しか出来なかったけど
良く頑張りました。

一位だったDくん。
4月によそから移り、以前はエレクトーンの先生だったそうで指の形から何から何までやり直し。
この子も大変だったけど、真面目に直そうと繰り返し練習するDくん。
とっても緊張していたけど、ミスもあったけどどうにか踏ん張り頑張りました。
少しは自信になったかな。

3人とも中々仕上がらなくて、本当に最後の最後のレッスンまで叫びました。。。
コンクール大変…

後一週間でコンクール第一段は終わります。
来週は遅い夏休み。
それだけを楽しみに後少し頑張ります。

高校生ソロコン伴奏

高校生管打楽器独奏コンクール、
いわゆるソロコン。

6人の伴奏をさせて頂きました。

私もコンクール真っ最中で本気で時間が無かったのですが、
高校生も吹奏楽コンクール真っ最中。
しかも、強豪校のため最後の九州大会まで
進み、超多忙。

結果、合わせは一週間前の一度きり。
前日まで地域のイベントで吹いていたそうで、ソロの練習は全く進んでない…と聞いて
いましたがやはり強豪校。
皆うまかったです。

2日間に渡って伴奏し、
6人中2人が金賞。
うちアルトサクソフォンの1人は代表選考会への切符を手にしました。
この子はこの春から音大受験のためピアノを習いに来始めた生徒。
楽器のことは詳しく分からないけど、
中学生の時に伴奏したソロコンと明らかに
違う音でした。
9月の選考会も楽しみです。

他の4人も銀賞。
昔の生徒Mちゃんの妹Nちゃんに、
何回も何回も、
『Mちゃん、、』と話しかけ
『Nです、、、、』と言われる…

だってだって、激似なんだもの。

小さい時、おばあちゃんがよく孫たちの名前を間違えて、
『なんで間違えるのかなー』
とか思ってたけど、

今なら間違える気持ちがわかる。。。

熊日中学年一次予選♪



中学年。
自宅生徒Sちゃん、カンタービレ生徒Mちゃん、2人通過しました。

Sちゃんは、コンクール前は高森から毎日レッスンに通い、頑張った結果の通過。

Mちゃんは昨年は初めて熊日に挑戦し、まさかの弾き直しで通過出来ず、悔しい思いを経験。
一年の間に経験も積み、厳しいレッスンにも耐えて、諦めることなく本当に本当に頑張りました。

二人の喜ぶ顔が見られて良かったです。

今年はお母さん方に結果を見て通過していたら、新聞を見る瞬間を動画に撮っていて下さいとお願いしていました。

みな、反応はそれぞれで面白かったー!
にやっと笑い無言でピースする子、
カンタービレメンバーの名前を見つけて
全員通過だ!と喜ぶ子、
お母さんから番号読み上げで、結果発表され、自分の番号が近づくにつれなんとも言えない表情になり、自分の番号を読み上げられ満点の笑顔になる子、
ほーんと、それぞれ!!

子どもの笑顔って本当に良い。
また二次も頑張ろう。

通過した子達、どのご家庭もお盆休み返上でレッスンへ通い、家族旅行もコンクール後に計画、本当に良く頑張ってくれました。
みんながみな、才能があるわけではない。
やっぱりどれだけ必死になれたか、
時間を費やせたか、
そこが明暗の分かれ道だったと思います。
良いもの持っていても、踏ん張れなければ意味がない。
踏ん張るときは、踏ん張らなきゃ。

私も、子ども達と同じように踏ん張りどころはしっかり踏ん張ろう。

みんな、本当におめでとう★


熊日低学年一次結果♪



全員通過ーーーー!!



64人のうち通過は19人でした。
内5人がカンタービレ生徒✨
1人自宅生徒だけど、半分カンタービレみたいな子なので。

よく頑張ったねー!
連日のレッスンに、弱音も吐かず
投げ出すことなく、食らいついた結果です。
えり先生の細かい細かいこまかーーーい
レッスンにも良く付いて来た!
お母さん方も涙涙だったよう。
全面協力のお母さん方。
どこもお盆返上でレッスンに来てくれるご家庭です。

私も最後まで諦めなくて良かった。
1人不安な子がいましたが、本当に粘りに粘って良かったです。

二次は更にハイレベル。
これからのレッスンを考えるとゾッとしますが、みんなで一緒に頑張ります!

みんなおめでとう!!!

2017♪熊日一次予選

熊日一次予選低学年。

カンタービレ生徒と自宅生徒合わせ
5名の挑戦。

朝8時からレッスンし、
カンタービレを出る最後の最後まで
注意し続け歌い叫び、
会場では1人ステージ袖へ向かう度
励ましに行き、メッセージを書いたメモを渡し、
これ以上は出来ない、というか、
やれることはほぼやり尽くした!ってほど
生徒に愛情(?)を注ぎました。

5人とも、本当によく弾いた!
断トツじゃ?って演奏をしてくれた子も。
1人も大きなミスもなく、
安定感のある演奏をしてくれました。

三割しか通過出来ない熊日。
結果は明日の朝、新聞で。

みんなちゃんと寝たかなぁ??

ありあけジュニアピアノコンクール



大牟田へ。

小3Kちゃんの、初めてのコンクール。
4月によそから移ってきて、
熊日予選と他の予定が重なったため
急遽出ることにしたこのコンクール。
短期間で二曲仕上げるのは大変でした。

私もえり先生にもお母さんにもガンガン言われて、
分からない出来ないと何度も泣き、
悔しさに泣き、
お母さんも悩みに悩み、
色々大変でしたが、
無事予選通過。



3月にあったらしい前の教室の発表会を
聴ききに来ていたらしいおばあちゃん。
コンクールも聴きに来てくれていて、
「発表会と時と、何だか格段に違う…全然違う」
とお話しされていたとのこと。
頑張って良かったね。Kちゃん。

まだまだこれから、コンクールが続きます。
みんなの笑顔が見れるように、
あちこち「あいたた…」と言いながら
頑張ります。


8月演奏予定(久々…)

久しぶりに演奏予定を。
先月末からラウンジにベースIくんと
ドラムSOCさんと演奏に入っています。
7月のみと思っていたら今月もということで、ありがたい。。

馬車馬のごとく働きます。

高森高校のソロコン出場者の伴奏が
6人。産前まで稼働していた音楽教室の卒業生もいて合わせに行くのが楽しみです。
 
1(火)
熊本リハビリテーション病院
村上明(Bs)森内良子(Pf)
12時半~・13時半~

しゃるまんばるーる


4(金)
ラウンジ演奏

5(土)
ラウンジ演奏

7(月)
クラブ演奏

8(火)
しゃるまんばるーる

11(金)
ラウンジ演奏

15(火)
しゃるまんばるーる

17(木)
ラウンジ演奏

19(土)
ラウンジ演奏

21(月)
クラブ演奏

22(火)
しゃるまんばるーる

23(水)
吹奏楽ソロコンテスト伴奏

24(木)
吹奏楽ソロコンテスト伴奏
ラウンジ演奏

25(金)
ラウンジ演奏

26(土)
ブライダル演奏
ラウンジ演奏

28(月)
クラブ演奏

29(火)
しゃるまんばるーる

愚痴です。。

想いの相違。

ずぅっと昔、
してあげたのに、のように「のに」がつくと愚痴になる、って
聞いてから
なるべく~のに、という言葉は避けていたけど、
この夏は、~のにが出てしまう。

これだけ時間かけてるのに、
これだけ合わせてるのに、
これだけ言ってるのに、
これだけ一生懸命想ってるのに、

のにのにのに…

コンクールも受けたいと言う子は
全員受けさせてるけど、
全く~のに、が出ない家庭と
のにが出る家庭と
様々。
今後はもう少し見極めて
考えていこう。ほんとに。

言葉ひとつ、取り組む姿勢ひとつで
こちら側も受け取り方も違う。

優先順位をきちんとつけている
上級コースをほんとに見習ってほしい。

生徒達もだけど、私も色んなこと犠牲にして、時間を作ってる。
そんなに暇そうに見えるのか?
コンクール組15人かかえて、夜も仕事に出て、伴奏の練習もあって、その他諸々。
その時間を無駄に使われて、
黙っちゃいられない。

色々と割り切る、
優しさの安売りはしないどこう。